パーツフィーダとは?

24Ԏt 050-3749-9191

[₢킹

パーツフィーダとは?

自動部品供給装置「パーツフィーダ」

パーツフィーダ(パーツフィーダー)とは、各種ワーク(部品・部材)を入れたボウルに振動を加えることで自動的にワークを一定の姿勢に整列させて、組立機や包装機、検査機など次の工程に供給する「自動部品供給装置」です。

パーツフィーダのメリット

パーツフィーダを使うことで、これまで手作業で行っていたワークの整列・供給を自動化できます。これにより、ミスの低減、作業時間の短縮、人件費の削減など様々なメリットがもたらされます。

パーツフィーダの構成部位

発振体(本体)

発振体とはパーツフィーダに振動を発生させるための装置で、パーツフィーダの本体にあたる部分です。振動を起こす仕組みとしては、電磁石を利用する「電磁式発振体」が主流です。電磁石で生じる力を板バネで増幅して振動を起こします。従来型の発振体に加え、高速搬送用にシンフォニアテクノロジー製の楕円振動によるディアルモーションパーツフィーダを使用することも多くなっています。
細かい振動が必要な場合は、圧電素子を利用する「ピエゾ式発振体」や高周波パーツフィーダが用いられることもあります。

ボウル(ボール)

ボウルとは、整列させたいワークを入れる容器です。発振体によってボウルを振動させてワークの方向・姿勢を整えます。ボウルには、側面が均一でアタッチメント選択の幅が広い「円筒ボウル」や側面がすり鉢状の「段付ボウル」、薄物ワークに用いられることが多い「皿ボウル」などがあります。

アタッチメント(ツーリング)

姿勢が整ったワークを同一方向に整列させる装置です。方向を判別する方法は様々ですが、経験に基づきボウルにワークの特性を考慮した仕掛けを設け、ワークの形や重心の違いによって判別・整列させる方法が一般的です。また、センサーやエアーを用いて形状の判別、ワークの整列を行う方法もあります。

コントローラ(コントローラー)

コントローラとは、パーツフィーダの起動・停止や振動の強さを調整して供給能力をコントロールする装置です。様々な方式のコントローラがあるなかで、現在はインバータ式(周波数可変式)のコントローラが主流になっています。

直進フィーダ(直進フィーダー)

直進フィーダとは、直線のシュートに振動を与えるための発振体です。「固定式」「ゴム足方式」「板バネ式」などの方式があり、シュートの長さや重量などを考慮して方式や大きさを選定します。

シュート

シュートとは、整列させたワークをボウルから次の工程の機器へと送る装置です。バッファの役割を果たし、傾斜を持たせて単体で使用することもありますが、一般的には直進フィーダと組み合わせて使用します。

ホッパ(ホッパー)

ホッパとは、ボウル内のワークの不足を検知すると自動でワークを補充して、パーツフィーダの供給能力を安定させる装置です。ワークの入れ過ぎによる傷や汚れを防ぐ効果もあります。「電磁式」「コンベア式」「カキアゲ式」「回転式」などがあり、ワークの特性や容量などを考慮して選択します。

パーツフィーダの選定・製作にあたっての注意点

Point01 ワークの特性
パーツフィーダの選定・製作にあたっては、整列させたいワークの特性を分析することが重要です。ワークの材質や重さ、サイズなどを考慮してボウルを決定し、それに合った発振体、コントローラ、直進フィーダなどのパーツを決定していきます。
Point02 供給能力(排出能力)
パーツフィーダの選定・製作において、こだわるべきポイントが供給能力(排出能力)と達成率です。パーツフィーダの供給能力とは、1分間で供給(排出)できるワークの個数のことで、達成率とは詰りや供給ミスの少なさを測る指標であります。供給能力が高ければ、マシンタクトに対して余裕を持たせることができますので、パーツフィーダの停止時間が長くなり性能の劣化が防げますし、達成率が高ければ、機械の稼働率のアップにつながります。まさにパーツフィーダの性能そのものだと言えます。

このページの先頭へ